FX自動売買【方舟】パラメータ設定

常温ポテトです。

今回はFX自動売買EAである【方舟】のパラメータを公開します。

方舟はナンピンマーチン型のEAです。

ツイッターで存在を知り、調べたところ安定して稼げそうなので利用を開始しました。月に2~3回、公式ツイッターで収支報告がされています。

 

スポンサーリンク

パラメータ設定

まずは画像を見ていただきましょう。

 

ロット数

推奨ロットは「0.01」です。
証拠金が20万円、30万円、50万円に関わらず0.01が推奨となっております。

ただ、設定は自由に変更できます。私も「いけそうだな」と思うときは0.02で試してみました。利益は倍になりますがリスクも倍になりますので、危険だなと思います。

私自身も0.01を推奨します。

 

マーチン倍率 変更

・証拠金20万円~
・証拠金30万円~
・証拠金50万円~

上記の3つから選ぶことができます。私は「50万円~」を選択しております。ロットが倍々になるのではなく、変則マーチンです。

具体的なロット数は

0.01>0.02>0.04>0.08>0.13>0.22>0.30>0.39>0.58>0.72>0.94>1.28>1.76・・・

履歴を見たところ13ポジションが最高なので、これより上は確認できませんでした。

 

ちなみに13ポジション目が出現したのは2021年9月3日(金)21:30頃、雇用統計の発表時です。通常、雇用統計の時は停止させておくのですが、ナンピンが進んでしまっていたので仕方なく…って感じです。ガッと上がったときに耐えてくれましたので、その直後にガッと下がったときに利確してくれました。

 

最大ポジション数

ポジション数を設定します。

証拠金50万円での推奨は「17」

私の場合はとりあえずお試しで「15」に設定しています。最大ポジションが多いほど、相場が不利な方向に動いたときに耐えてくれます。しかし損切りした時の損失は大きくなります。

 

損切設定

最大ポジションに達してから何pipsで損切をするかを設定します。

証拠金50万円での推奨は「20~50」

私の場合は「30」です。
最大ポジションでのロット、ナンピン幅が不明なので、損切が発動した場合いくらの損失になるのかは不明です。

 

利益収縮ライン

保有ポジションが設定した値以上になると、予定よりも早く利確するようになります。

推奨は20万円での設定で「10」
10ポジション目以上になると通常より早く利確するので安全さは増し、利益は小さくなります

証拠金50万円での推奨は「0」。
最大利益を狙う設定です。

 

週末停止機能

推奨の「ON」にすると、金曜日の18時以降は新規ポジションを持たないようになります。

※それ以前にエントリーされている場合は通常通りナンピンしていきます。

 

不明点

いつ新規エントリーをするのかということ、ナンピン幅が不明です。

ナンピン幅については大体「4pips~13pips」ほどのようです。恐らくはポジション数によって調整されているのだと思います。

 

設定まとめ

設定を変更できるのは

  • ロット数
  • マーチン倍率
  • 最大ポジション数
  • 損切設定
  • 利益収縮ライン(ポジション数)
  • 週末停止機能

私の場合はロット0.01の中でも利益を追う設定にしています。しかしマーチン倍率を「30万円~」にしたり、利益収縮ラインを「12」ぐらいにすることで、より安全に運用ができると思います。

今までに損切が発動したことはなく、今のままの設定でも稼いでくれそうですが、設定の変更を考えています(この記事を書いていて思いました)。雇用統計などを除いた通常時はロット0.72以降のポジションを見ることはほとんどありません。「負けないこと」が一番重要ですので、利益は小さくなりますが、より安全に稼働させることを考えた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク