FX自動売買【LEO】パラメータ設定

常温ポテトです。

今回はFX自動売買EAであるLEOのパラメータを公開します。

LEOはRIONA株式会社が開発、販売しているEAです。Youtubeやツイッターで社長である りおなちゃん が収支報告をしています。

 

スポンサーリンク

パラメータ設定

まずは画像で見ていただきましょう。

 

ロット

これは任意で設定できます。
推奨ロットは30万円毎に0.01です。つまり、最低推奨証拠金は30万円となります。

100万円の運用だとロット0.03。

基本的にはロットのみを自分で設定し、運用するだけです。

 

ここから下は私は触っていません。知識や経験がある人は変更すると良いと思います。変更して正常に動くかは試しておりませんので、ご了承ください。

ロット倍率

通常は2倍の設定です。

ここを上げれば、さらにハイリスクになると思われます。

ポジション数

通常は最大8ポジションです。

ここを上げるとリスクが増大します。「8」という数字が最適なんだと信じています。

利確

通常は30pipsの設定です。

新しくポジションを持ってから30pips有利な方向に動くと自動で利益を確定します。

損切

LEOには損切機能があります。強制ロスカットになる心配はありません。

通常は30pips設定。

最後のポジション(8ポジション目)を持ってから30pips不利な方向に動くと自動で損切りされます。

ナンピン幅

通常は10pips設定です。

最初のポジションから10pips不利な方向に動く度に新しいポジションを持ちます。

建値ストップ

知識不足で、これについては分かっていません。

建値=エントリーした時の価格
「買いでエントリー入ったとして、含み益が出てその後に下がってしまった場合±0で決済してくれること」と認識しているのですが、数字の設定が「20」だったらどうなるのか、今の知識では分かりません…。

 

設定をまとめると

LEOはエントリーした後、

  • 30pips有利に動けば利確する
  • 10pips不利に動く毎にナンピンする
  • ナンピン時のロットは2倍になる(0.01>0.02>0.04>0.08…)
  • ポジションは最大8ポジション
  • 8ポジション目から30pips不利に動くと損切り

こんな感じになります。

例として、ロット0.03だった場合

最初のエントリーから70pips不利な方向に動いたら8ポジション目を持ちます。そこから30pips有利な方向に動けば利確(約15万円の利益)。30pips(合計100pips)不利な方向に動けば損切り(約30万円の損失)となります。

どんなロジックで最初のエントリーを開始するのかは不明です。エントリーは他のEAに比べて重い感じがします。

 

以上、LEOパラメータの紹介でした。設定によってはリスクを小さくできますし、大きくもできます。私としてはやはり運営が推奨する初期設定が良いと思いますが、設定変更は自己責任でお願いいたします。

そもそもFX自動売買は他の資産運用(投資信託や株式投資)と比べてリスクが高いです。よりハイリスクにする必要もないと思っています。

スポンサーリンク